【ダメなの?】赤ちゃんのアトピーに母乳は良くない??

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に母乳が良くないという噂があるのですが、一体本当のところはどうなのでしょうか?ここでは、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と母乳の関係について書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アトピー体質の赤ちゃんに母乳をあげるとどんな効果があるの?

母乳を与える事で赤ちゃんにアトピー性皮膚炎に対する免疫力をつける事ができると言われています。
なぜならアトピーはアレルギー反応によって悪化する事が多く、母乳の中にアレルギーに強くなる『IgA抗体』が含まれているからです。

 

しかし母乳を与えるという事は、赤ちゃんのアトピーはお母さんの食事にも大きく関係してきて、
赤ちゃんのアレルゲンである物を食べると少量ですが母乳からも摂取する事になり、赤ちゃんのアトピーの症状が悪化する事もあるので、
お母さんの食事にも食品添加物の含まれていない物を摂取するようにするなど気をつけた方がいいでしょう。

 

しかし厚生労働省の研究結果では、早期の母乳開始の時期が早いほど、アトピーの発症率が高いと発表されました。
このように母乳が赤ちゃんのアトピー発症率に関係している事については賛否両論の意見があります。

 

私自身子供二人を母乳で育て、食事も同じようにある程度気を付けてきました。しかし一人は重度のアトピーになり、もう一人はアトピーとは無縁で育っています。
このような結果から、赤ちゃんがアトピーになるならないというのは赤ちゃんの生まれ持った体質なのではないかと思います。

 

 

⇒赤ちゃんのアトピーをステロイド薬以外で治したい方はこちらをチェック