.赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状について

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状は一体どのようなことがあるのでしょうか。ここでは乳児湿疹と赤ちゃんのアトピーとの違いについてや、赤ちゃんや小さい子供のアトピーの症状についてまとめています。赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状について知ることで、アトピーの改善方法や治し方にも詳しくなれるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は乳児湿疹との症状が似ているため間違いやすくなっています。
乳児湿疹は新生児時期から始まるのに比べ、アトピー性皮膚炎の場合赤ちゃんそれぞれに差はありますが、生後3~4ヶ月ほどくらいから頭や顔、耳や肘、膝裏が乾燥して、赤い湿疹が出てきだし痒みも伴います。

 

皮膚が痒くなる

赤ちゃんのアトピーの場合、きちんと薬を塗ってケアをしていても症状がなかなかよくならなかったり、悪化する事があります。
小さいぶつぶつが出てきて、乾燥してカサカサだった皮膚が痒くなりだし、それがひどくなるとジュクジュクしてきます。
病院からもらったステロイド入りの薬を使うと症状が少しましになりますが、よくなったからといって使用をやめるとまたアトピーの症状が悪化してくる、というのを繰り返す事もあります。

 

風邪の症状に似ている

アトピーの赤ちゃんはアレルギー体質を持っているので、食物アレルギーが関係している事が多いと言われています。
なので赤ちゃんがダニやハウスダストが原因のアトピーの場合には鼻水、鼻づまり、くしゃみが出るという風邪に似た症状が出る事もあります。

 

 

⇒赤ちゃんのアトピーをステロイド薬以外で治したい方はこちらをチェック