赤ちゃんのアトピー治療。ステロイド薬はいつまで使えばいい?

赤ちゃんのアトピー、症状がとても軽い場合はストロイドを使わず保湿をしっかりしておけば治ってくるかもしれません。しかしほとんどの場合はステロイドを処方されます。
赤ちゃんの皮膚は子供や大人よりも薄いので、できる事ならステロイドの使用はなるべく短い期間でと希望している人もいるでしょう。

 

ステロイドを使い続ける事でのリスクとして一番に考えられるのが、免疫力の低下です。そしてこの免疫力が低下している事によって、感染症にかかりやすくなります。
他にはステロイドの強度にもよって進行が変わってきますが、長期で使用していると皮膚が薄くなるとも言われています。

 

子供が赤ちゃんだった頃にステロイドを使っていた私は、この皮膚萎縮を防ぐ為にステロイドを塗った後の保湿は十分にしていました。
そして他に考えられるリスクとしては、毛細血管の拡張が原因で顔の皮膚が赤くなるという事もあります。

 

ステロイドを使う事でのリスクはありますが、ステロイドには炎症を抑える事ができるので、アトピー性皮膚炎にはステロイドが処方されます。

 

このステロイド、炎症を起こしている部位に使用するとみるみると症状が良くなります。しかしここでステロイドの使用をやめるのではなく、使用期間を短くしていくといいでしょう。
一日2回だったのを一日一回、症状がさらに改善されたならば数日に一回塗る、と少し頻度を減らしていき、アトピーを完治させる事が大切です。

 

 

⇒赤ちゃんのアトピーをステロイド薬以外で治したい方はこちらをチェック