【危険はない?】アトピーのステロイド薬の強さについて

赤ちゃんだけではなくアトピー性皮膚炎と診断された時の治療薬として処方されるステロイドには5段階の強度があります。
上からもっとも強いStrongest、非常に強いVery Strong、強いStrong、普通Mild、そして弱い Weakになります。

 

ステロイドの強さの違いは薬に含まれる成分量とは関係なく、ステロイドがどのくらい身体に吸収されやすいかどうかという事なので、皮膚が薄い赤ちゃんには強いタイプのステロイドを使われる事はなく、弱いタイプまたは普通タイプのステロイドを処方されます。

 

この強さの違うステロイドをどのように使い分けるかというと、体の皮膚の薄さや厚さによって使い分けられます。足の裏や指などの皮膚の厚い部位には強めのステロイドが処方され、顔や首や陰部は皮膚が薄くステロイドの吸収率が高くなってしまうので弱いステロイドを使用されます。

 

かかりつけのお医者さんの指示とおり使用していれば、ステロイドだからと危険があるわけではないので、自己判断で薬の分量を減らしたり、ステロイドの使用をやめてしまったりすると症状が悪化してしまう事があるので、気をつけましょう。

 

 

⇒赤ちゃんのアトピーをステロイド薬以外で治したい方はこちらをチェック