赤ちゃんのアトピーにステロイド薬が効かない理由は?

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を治そうと思って、ステロイド薬を塗っても、全然効果がない場合があります。そういうときは、ただステロイドの強さを上げるのではなく、なぜステロイド塗り薬で赤ちゃんのアトピーが改善しないのかを知ることが大切です。ここでは、赤ちゃんのアトピーにステロイド薬が効かない理由について書いていますので、参考にしてみてください。

 

薬が合っていない、使用方法が正しくない

まだ赤ちゃんなのにステロイドをたっぷり塗るという事は心配もあるでしょう。
ステロイドだからと指示より少ない量を患部に塗っていると、アトピーにも十分効かなくなり、ステロイドを使っているのにアトピーが治らない、という事にもなります。
指示通りにステロイドを使用しているが効かない、という場合はアトピーの症状にステロイドが合っていないのかもしれませんので、かかりつけのお医者さんに相談、またはセカンドオピニオンを求めにいく事も考えた方がいいかもしれません。

 

アトピーが完治していない

赤ちゃんの肌は大人に比べても薄い状態という事もあり、多くの方がステロイドの使用には副作用の事で不安になっていると思います。
ステロイド入りの薬を塗り始めるとアトピーの症状はよくなります。症状が少し良くなったからとステロイドの使用をすぐにやめてしまうと、表面上は状態がきれいになっていてもアトピーが完治していな場合もあり、その場合はアトピーの症状がまた繰り返されます

 

アレルゲンが原因

ステロイド薬が効かない理由で他に考えられることは、赤ちゃんのアレルギーが関係しているかもしれません。
アトピーとアトピー性皮膚炎は同じではありませんが、アレルギーが原因でアトピーになる赤ちゃんもいます
毎日の生活でアレルギーの原因となる物が刺激を与えているかもしれないので、お医者さんに相談する事をお勧めします。

 

 

⇒赤ちゃんのアトピーをステロイド薬以外で治したい方はこちらをチェック