【赤ちゃんアトピー】ステロイド薬の塗り方について

赤ちゃんのアトピーを改善させるためとはいえ、ステロイドの塗り薬は出来るだけ使いたくないですよね。しかしステロイド薬を塗る事で、赤ちゃんのアトピーが治まることは事実でもあります。ここでは出来るだけ副作用や危険が出ないように、赤ちゃんへステロイド薬を塗ってあげるときに気を付けたいポイントについて書いています。参考にしてくださいね。

 

体をきれいにしてから

赤ちゃんがアトピーだと診断されるとステロイド入りの薬を処方されます。薬を塗るのは幹部が清潔な状態であるという事が大切です。
お風呂に入って体をきれいにし、十分に水気を拭き取った患部にステロイド入りの薬を塗ってあげるといいでしょう。

 

強さに気をつける

ステロイドは5段階の強度ランクがあり、これらの強度はアトピーの症状や身体のどの部分にステロイドを使用するなどの使い分けをします。
赤ちゃんのアトピーには症状がひどくても一番強いステロイドを使う事がなく、
赤ちゃんの顔や首や陰部などは特に皮膚が薄くなっているので、ステロイドの一番弱いタイプのを使用します。

 

回数、期間

ステロイドは一日1~3回塗る事、と言われる事が多いです。
アトピーの症状によってひどい時は1日3回、症状が軽くなってきた時には一日1回にしてみるなど、使用の頻度を少しずつ減らしていくといいでしょう。
ステロイドは塗り始めてから一週間ほどで効果が出てきます。
アトピーの症状がよくなったからといっていきなり使用をやめるとリバウンドしてしまう事があるので気をつけましょう。
反対に一週関しても効果が全くでない場合は、再度お医者さんに診察してもらう事をお勧めします。

 

 

⇒赤ちゃんのアトピーをステロイド薬以外で治したい方はこちらをチェック